自然と共生する環境づくりを通して、豊かな社会の創造に貢献。

 21世紀を迎え、さらなる自然環境への関心の高まりに伴い、土木の持つ役割も極めて重要になってきました。いま、土木は自然と共生しながら、人間が住むにふさわしい環境を創り出す有効な手段として、改めて見直され、期待されています。富士建設はこれまで数多くの施工を通じて、快適な社会基盤づくりに貢献するとともに、環境の整備に着実な成果をあげてきました。確かな土木技術と長年の経験を活かし、地域社会へ配慮した施工に努め、富士建設はこれからの時代にふさわしい土木のあり方を追求していきます。

[トップページ] [次へ]